西湖スタッフが教えるアウトドアの知識 ~斧と鉈の違い~

トップページ> 西湖スタッフが教えるアウトドアの知識 ~斧と鉈の違い~

PICA富士西湖

2021年10月10⽇

焚き火が好きになると、自然と薪割りにも興味が出てくるもの

そうすると、やはり新しい道具が欲しくなるわけですが、

一般的に候補として挙がるのは「斧」か「鉈」のどちらかですよね


薪を割るのが目的なので、

「正直どっちでも、そんなに違いはないんじゃないか」

って自分も思っていましたが、実際使ってみると実は全然違うものなんです



--------------------------------『斧』の特徴--------------------------------

(斧と言っても、片手で持てる小型の手斧の話とします)

先ず、キャンプ場で売られているような薪を細かくするためなら、

手斧はその性能を充分に発揮します


斧はヘッドが重く厚みがあるので、硬い薪や太い薪でも簡単に割ることができますし、

仮にうまく割れなくても、刃が薪に食い込めば、そのまま薪ごと叩きつけて割ることが可能です

イメージ的に斧は「叩き割る」感じなので、

多少刃先がなまくらでも、お構いなしに機能してくれます


その反面、細かいものを割ったり削ったりするのは苦手です

基本的には、ヘッドの重さを利用して振り下ろすので、

手元で細かな動作を求められると、やはり使いずらいです



--------------------------------『鉈』の特徴--------------------------------

基本的には、木を削ったり、細い枝を刈り払うのに使います

イメージ的に鉈は「切る」感じなので、細かい作業に向いていて、

細かい薪を割ったりするときに、その効果を充分に実感できます

重量が重くないのもグッドですよね


ただ、やはり太い薪や硬い薪は割ずらいことがあります

針葉樹ならともかく、広葉樹の太薪を鉈で割るのはかなり手ごわいです。。


ちなみに、「両刃」「片刃」という違いがありますが、
初心者でも扱いやすいのは「両刃」です。



--------------------------------番外編--------------------------------

この二極化が進む薪割り論戦に(私が勝手に思っているだけですが、、、)

待ったをかけるのが、「キンクラ」ことキンドリングクラッカー

こいつは優秀過ぎて、いよいよ刃物を使う機会が減りそうです。。


こういった違いをきちんと理解することは安全上も大切ですが、

なにより世の男性キャンパーが新しいキャンプギアを購入する際には、

必ずといっていいほど奥様方への交渉・説得が不可欠ですよね

そんな時の説得材料として、知識を活用してみてはいががですか


それでは、良いキャンプライフを

tomo

PICAポイント会員システム

ご利用のたびにポイントが貯まり宿泊割引や
優先予約ができるようになります!

PICA富士西湖